SDGs 17のゴールを目指す企業・団体を表彰する「ジャパンSDGsアワード」とは?

2016年日本政府は、国連が採択した持続可能な開発目標(SDGs)の施策実施に向けて、「持続可能な開発目標(SDGs)推進本部」を設置しました。推進本部の本部長は内閣総理大臣が務めます。

持続可能な開発目標(SDGs)推進本部の取り組みの1つに、「ジャパンSDGsアワード」があります。ジャパンSDGsアワードは毎年1回開催され、SDGs達成に資する優れた取組を行っている企業や団体を幅広く募り表彰するというものです。これまでにどのような企業・団体が受賞したのか、またどのような取組を行っているのか見ていきましょう。

“SDGs 17のゴールを目指す企業・団体を表彰する「ジャパンSDGsアワード」とは?” の続きを読む

SDGs(持続可能な開発目標)の17の目標はどこまで達成されたのか

2015年に開催された、国連の「持続可能な開発サミット」において「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。アジェンダには、2030年に向けての人類がとるべき行動計画として17の目標が掲げられました。これらの目標を「持続可能な開発目標」(SDGs)といい、いま、まさにその計画が実行されているのです。

持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)では、世界各国のSDGsの進捗状況を毎年発表しています。2019年の時点でどの程度まで目標が達成されたのか見てみましょう。

“SDGs(持続可能な開発目標)の17の目標はどこまで達成されたのか” の続きを読む

SDGs(持続可能な開発目標)の進捗状況と今後の見通し

2015年、国連サミットにおいて採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されている持続可能な開発目標(SDGs)には、貧困や飢餓の解消、気候変動への対策、男女平等など、17の目標が掲げられています。国連(国際連合)では2019年に、これらの目標についての進捗状況や今後の見通しについて発表しています。どの程度進んでいるのか見ていきましょう。

“SDGs(持続可能な開発目標)の進捗状況と今後の見通し” の続きを読む

「SDGs未来都市」に選定された町・村の取り組み

 

2019年7月、内閣府は全国の都道府県、および市町村の中から「令和元年度SDGs未来都市」を選定しました。SDGs未来都市とは、SDGs(持続可能な開発目標)の理念に沿った取り組みをしている都市や地域のうち、経済、社会、環境の3つの側面でポテンシャルが高いと認められた都市や地域のことです。2019年度(令和元年度)は、SDGs未来都市として3つの県と19の市、7つの町、2つの村の合計31都市が選定されました。

SDGs未来都市に選定された31都市の中で、自治体の規模が比較的小さい7つの町と2つの村について、どのような取り組みを行っているのか見ていきましょう。

“「SDGs未来都市」に選定された町・村の取り組み” の続きを読む

SDGs 17の目標達成に向けたアンケート調査「MY WORLD 2030」とは

2015年、国連本部において持続可能な開発サミットが開催され、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。アジェンダに掲げられている目標が「SDGs(持続可能な開発目標)」です。国連では、SDGsの達成期限である2030年までに、より多くの国々、より多くの人々からの声を聞くために「MY WORLD 2030」アンケート調査を開始しました。

アンケート調査は3問あり、SDGsに対する認知度や、自分が課題としているグローバル目標は何か、といった内容です。国連のWebサイト「MY WORLD 2030」から回答することができます。2019年6月の時点で40万人以上からの回答が寄せられています。どのような調査結果が出ているのか見てみましょう。
“SDGs 17の目標達成に向けたアンケート調査「MY WORLD 2030」とは” の続きを読む

SDGsのロゴやアイコンを名刺に印刷する時の使用方法

国連では、SDGs(持続可能な開発目標)を世界に広めるために、SDGsのロゴを作成しました。ロゴは、SDGsを支援する企業や団体であれば、原則として自由に使用することができます。Webサイトやチラシ、ポスターはもちろんのこと、最近では名刺にロゴを印刷しているケースもよく見かけるようになりました。SDGsのロゴを名刺に印刷する場合、どのような点に注意すればよいかまとめました。

“SDGsのロゴやアイコンを名刺に印刷する時の使用方法” の続きを読む

SDGs(持続可能な開発目標)ロゴの使用方法、ガイドライン

2015年9月、国連において持続可能な開発目標(SDGs)が採択されました。あらゆる形態の貧困に終止符を打ち、不平等をなくし、誰一人取り残されないようにするために、17の目標が打ち立てられました。国連は、SDGs推進のために、ロゴやアイコン、ポスター等を作成しています。どのようなロゴがあるのか、またロゴの使用方法、ガイドラインの内容について見ていきましょう。

“SDGs(持続可能な開発目標)ロゴの使用方法、ガイドライン” の続きを読む

日本における、SDGs 17の進捗を測るためのデータ収集方法、および算出方法

SDGs(持続可能な開発目標)は、17のゴールと169のターゲットから構成されています。SDGsの進捗を測るために、「グローバル指標」が設定されていて、その数は延べ244に及びます(重複を除くと232)。

各国は、グローバル指標を自国で使えるようにローカライズして、データの収集方法や使用する指標、算出方法などを設定します。そして、算出した数値がそれぞれのターゲットの内容を満たしているかどうかで目標達成度を測ることができます。日本では、グローバル指標をどのようにローカライズしているのでしょうか。また、目標達成度を測るためにどのようなデータを収集したり算出したりしているのでしょうか。いくつか例を挙げて見てみましょう。

“日本における、SDGs 17の進捗を測るためのデータ収集方法、および算出方法” の続きを読む

政令指定都市による、SDGs 17の目標への取り組み状況

2015年に国連で採択されたSDGs(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)は、格差問題やジェンダー平等、気候変動対策など、世界各国が取り組まなければならない、17の普遍的な目標で構成されています。日本政府は、持続可能な開発目標(SDGs)推進本部を設置し、地域活性化などを通して都道府県の自治体に取り組みを促しています。

自治体の中核を担う政令指定都市では、SDGsの17の目標に対してどのような取り組みを行っているのでしょうか。見ていきましょう。

“政令指定都市による、SDGs 17の目標への取り組み状況” の続きを読む

2019年度の世界各国におけるSDGsの目標達成状況

世界各国のSDGs(持続可能な開発目標)の進捗状況を調査している、持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)が、2019年度版の「持続可能な開発目標(SDGs)インデックス&ダッシュボード」を公開しました。

SDGsの達成状況を見ると、最も達成度の高かった国はデンマークで、2位 スウェーデン、3位 フィンランドと続いています。日本は15位で、アジアではトップの成績でした。

2019年度の世界各地域におけるSDGsの目標達成状況を見ていきましょう。

“2019年度の世界各国におけるSDGsの目標達成状況” の続きを読む