世界で最も持続可能性のある100社が発表される

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が東証1部上場企業を対象に実施したアンケートによると、「SDGsへの取り組みをしている」...

続きを読む

新学習指導要領における「世界史探究」「日本史探究」とはどのような科目か

2018年に高校の学習指導要領が改訂され、新しい教科の設置や科目の統廃合などが行われました。歴史の教科については、世界史A、世界史B、日本史A、日本史Bの4科目だったのが、歴史総合、世界史探究、日本史探究の3科目に変わりました。歴史総合は世界史Aと日本史Aを統合した科...

続きを読む

大学による「総合的な探究の時間」の授業への支援例

高校の新しい科目「総合的な探究の時間」の授業では、保護者をはじめ、地域の専門家や企業といった外部の人々の協力が欠かせません。「総合的な探究の時間」を実りのある授業にするためには、地域の人たちを有効的、かつ積極的に活用することが大切です。先生...

続きを読む

「総合的な探究(学習)の時間」を支援する団体と、支援の内容

「総合的な探究(学習)の時間」は、学習指導要領を踏まえながら、地域や学校の実態に応じて創意工夫を生かし、具体的な指導計画や学習活動などを定めることが求められています。 文部科学省では、小学校や中学校、高等学校が、指導計画や学習活動のねらいに則した授業が進...

続きを読む

日本における、SDGsの目標達成度を測るための統計データ

SDGs(持続可能な開発目標)には、17の目標169のターゲットが設定されています。また、目標達成に向けて、232の進捗状況を知るための指標が設定されています。 例えば、目標1「貧困をなくそう」のタ...

続きを読む

世界の各地域におけるSDGs(持続可能な開発目標)の目標達成状況と課題

持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)は、2018年度版「持続可能な開発目標(SDGs)インデックス&ダッシュボード」を公開しました。「インデックス&ダッシュボード」は、SDGsの17の目標について世界各国の達成状況をまとめた報告書です。 達成状況を、アジ...

続きを読む

高校の新しい科目「理数探究」とは

2018年に高校の学習指導要領が改訂され、新しい教科や科目が誕生しました。その中の1つに「理数探究」の科目があります。学習指導要領では、理数探究は「さまざまな事象に関わり、数学的な見方や考え方、また理科の見方や考え方を組み合わせるなどして、探究...

続きを読む

省庁が提供する「総合的な探究の時間」の出張授業例

2018年に改訂された高等学校学習指導要領では、「総合的な学習の時間」に替わって「総合的な探究の時間」の科目が設けられました。 「総合的な探究の時間」の授業では「学校図書館の活用、他の学校との連携、公民館、図書館、博物館等の社会教育施設や社会...

続きを読む

日本の自治体による、SDGs(持続可能な開発目標)の取り組み例

SDGs(持続可能な開発目標)とは、貧困や人種差別、大気汚染といった世界的な問題について、全ての先進国と発展途上国が取り組んでいこうとする国際目標のことです。2015年9月に開催された国連サミットで採択されました。 SDGsを達成するには、国や自治体...

続きを読む