探究学習の授業における、高校生の活動状況

高等学校における探究学習の授業は、日常生活や学校生活の中から自ら課題を見つけ出し、解決に向けて主体的、かつ協働的に取り組みながら進められていきます。生徒への評価はテストで行うことはなく、授業への取り組む姿勢を重視します。 高校生は、「総合的な探究の時間」...

続きを読む

「SDGs未来都市」に選定された町・村の取り組み

  2019年7月、内閣府は全国の都道府県、および市町村の中から「令和元年度SDGs未来都市」を選定しました。SDGs未来都市とは、SDGs(持続可能な開発目標)の理念に沿った取り組みをしている都市や地域のうち、経済、社会、環境の3つの側面でポテンシャルが高いと認めら...

続きを読む

小学校の探究学習科目「総合的な学習の時間」は、学習指導要領改訂でどのように変わるのか

2016年度に小学校学習指導要領が改訂され、周知・徹底期間や移行期間を経て、2020年度からは新しい学習指導要領のもとでの授業が始まります。 小学校の探究学習科目総合的な学習の時間」の授業では、児童自らが課題を設定して、課題解...

続きを読む

SDGs 17の目標達成に向けたアンケート調査「MY WORLD 2030」とは

2015年、国連本部において持続可能な開発サミットが開催され、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。アジェンダに掲げられている目標が「SDGs(持続可能な開発目標)」です。国連では、SDGsの達成期限である2030年までに、より多くの国々、より多くの人...

続きを読む

高校の探究学習の授業における、学習達成度の設定方法

高校の探究学習科目「総合的な探究の時間」では、生徒自身が探究の見方や考え方を働かせて、横断的、かつ総合的な学習を行うことを通して、自己の在り方生き方を考えながら、よりよく課題を発見し解決していくための資質、能力の育成を目指しています。 生徒は授業において...

続きを読む

SDGsのロゴやアイコンを名刺に印刷する時の使用方法

国連では、SDGs(持続可能な開発目標)を世界に広めるために、SDGsのロゴを作成しました。ロゴは、SDGsを支援する企業や団体であれば、原則として自由に使用することができます。Webサイトやチラシ、ポスターはもちろんのこと、最近では名刺にロゴを印刷しているケースもよく見...

続きを読む

SDGs(持続可能な開発目標)ロゴの使用方法、ガイドライン

2015年9月、国連において持続可能な開発目標(SDGs)が採択されました。あらゆる形態の貧困に終止符を打ち、不平等をなくし、誰一人取り残されないようにするために、17の目標が打ち立てられました。国連は、SDGs推進のために、ロゴやアイコン、ポスター等を作成しています。ど...

続きを読む

日本における、SDGs 17の進捗を測るためのデータ収集方法、および算出方法

SDGs(持続可能な開発目標)は、17のゴールと169のターゲットから構成されています。SDGsの進捗を測るために、「グローバル指標」が設定されていて、その数は延べ244に及びます(重複を除くと232)。 各国は、グローバル指標を自国で使え...

続きを読む

高校の探究学習の教育プログラムが探せる「学校と地域でつくる学びの未来」とは

文部科学省では、小学校や中学校、高等学校における探究学習を推進するために、教育プログラムに関する情報を提供するWebサイト「学校と地域でつくる学びの未来」を開設しました。 Webサイトを通して、さまざまな...

続きを読む

政令指定都市による、SDGs 17の目標への取り組み状況

2015年に国連で採択されたSDGs(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)は、格差問題やジェンダー平等、気候変動対策など、世界各国が取り組まなければならない、17の普遍的な目標で構成されています。日本政府は、持続可能な...

続きを読む