省庁が提供する「総合的な探究の時間」の出張授業例

2018年に改訂された高等学校学習指導要領では、「総合的な学習の時間」に替わって「総合的な探究の時間」の科目が設けられました。 「総合的な探究の時間」の授業では「学校図書館の活用、他の学校との連携、公民館、図書館、博物館等の社会教育施設や社会...

続きを読む

日本の自治体による、SDGs(持続可能な開発目標)の取り組み例

SDGs(持続可能な開発目標)とは、貧困や人種差別、大気汚染といった世界的な問題について、全ての先進国と発展途上国が取り組んでいこうとする国際目標のことです。2015年9月に開催された国連サミットで採択されました。 SDGsを達成するには、国や自治体...

続きを読む

日本の民間企業による、SDGs(持続可能な開発目標)の導入例

SDGsとは、国連加盟国が2030年に向けて設定した、環境や経済、社会についてのゴールのことです。日本語では持続可能な開発目標といいます。SDGsの目標達成のためには、政府や自治体はもとより、民間企業や学校なども積極的に取り組んでいくことがすすめられま...

続きを読む

SDGs(持続可能な開発目標)の日本の目標達成状況と課題

持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)は2018年7月、SDGsの達成度ランキングを発表しました。日本は156か国中15位で、前年の11位からランクダウンし、「ジェンダー平等を実現しよう(目標5)」や「つくる責任 つかう責任(目標12)」、「気候変動に具体的な対策...

続きを読む

高校の新しい科目「総合的な探究の時間」の学習指導要領の内容とは?

高等学校学習指導要領の改訂により、2022年度から「探究」の名前の付く科目が7つ新設されます。7科目は、「古典探究」「地理探究」「日本史探究」「世界史探究」「理数探究」「理数探究基礎」「総合的な探究の時間」で、そのうち必履修科目になっているのが「総合的な...

続きを読む

SDGs(持続可能な開発目標)の達成度ランキング、日本は15位

2018年にSDSN(持続可能な開発ソリューション・ネットワーク)が発表した、SDGs(持続可能な開発目標)の達成度ランキングによれば、日本は156か国中15位という結果でした。欧州各国が上位を占める中、アジア圏の中では日本がトップの成績でしたが、昨年と比べると11位からラン...

続きを読む

高校の「総合的な探究の時間」とはどのような授業なのか?

学習指導要領の改訂により、高等学校の「総合的な学習の時間」は、2022年度から「総合的な探究の時間」に変更されます。「総合的な探究の時間」では、生徒が主体的に課題を設定し、情報の収集や整理・分析をしてまとめるといった能力の育成を目的としています...

続きを読む

生徒の「探究学習」に対する意識調査まとめ

文部科学省の調査によれば、探究学習の好きな児童、生徒ほど、国語や算数(数学)の平均正答率が高いという結果が出ています。探究学習とは、自分で課題を設定して情報を収集し、整理・分析してまとめ、発表するといった学習活動のことです。 生徒は「探究学習」についてど...

続きを読む

中学生・高校生向け探究学習・アクティブラーニングの教材【総まとめ】

今、探究学習/アクティブラーニング/PBLなどが教育現場でも非常に注目されています。このページでは、各社が提供している様々な教材やプログラムをまとめてみました。

続きを読む