Change Maker Awards -高校生のための英語プレゼンコンテスト2019-

PRESENTED BY 一般社団法人 英検4技能・探求学習推進協会 English four Skills and Inquiry-bassed learning association

ENTRYエントリー

APPLICATION GUIDELINE募集要項

個人部門テーマtheme of presentation 「世界に伝えたい私のこと」
―Show your Potential to the World―

自分が熱中している・夢中になっていることについて、プレゼンテーションしてください
団体部門テーマtheme of presentation 「私たち×〇〇」
―Attract the World with your presentation―

みなさんが熱中し、夢中で取り組んできたことについてプレゼンテーションしてください。 その際、下記の選択肢から1つ選んでください。

(1)私たち×SDGs 発表内容をSDGsと関連させてプレゼンテーションしてください。
(2)私たち×〇〇  自由テーマです。昨年度の例:失敗、脳科学、積極性など

SDGsとは?:持続可能な開発目標(SDGs)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。

参加資格entry qualification 日本国籍を持ち、学校教育法第1条に定める日本の中学校と高校、あるいはそれに同等とされる学校あるいは機関に通年で在籍し通学している生徒を対象
使用言語language 英語
参加可能人数about the number 個人1名の申し込みから、1チーム4名までの参加が可能です
1校あたりの参加チーム数の制限はありません(1校から何チームでも応募できます)
プレエントリー(事前エントリー)受付開始application start/small> 2019年3月4日(月)
エントリー締切application deadline プレエントリー締切:2019年6月30日(日)
本エントリー締切:2019年7月7日(日)
正式エントリー
提出内容application data

プレエントリー(事前エントリー)を頂いた皆様に、個別にご案内を致します

参加フロー

参加フローは、参加ブロックによって異なります。ブロックは近畿ブロックと、近畿ブロック以外の2種類です。近畿ブロックは、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、三重県、滋賀県、和歌山県の7つとなります。

近畿ブロックの参加フロー

近畿ブロックは、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、三重県、滋賀県、和歌山県の7つとなります。

近畿ブロック以外の参加フロー


Change Maker Awards出場経験を今後のみなさんの将来に活かそう!学びを未来につなげる進路のミカタのページをご活用ください

本選会場

日時date and time

2019年9月1日(日)

会場place

東京国際交流館 国際交流会議場
〒135-0064 東京都江東区青海2丁目2−1

参加資格entry qualification

学校教育法第1条に定める日本の中学校と高校、あるいはそれに同等とされる学校あるいは機関に通年で在籍し通学している生徒を対象

エントリーまでの流れapplication period

事前登録として応募者情報の入力後、お送りする申込書に報告予定のテーマ等記入、メールで提出すると本エントリーが完了します。

ENTRY FORMエントリーフォーム

Q&A

Q:本コンテストへの応募方法を教えてください

   A:→応募は、本サイトからプレエントリーして頂いたあと、書類審査の本エントリーがございます。郵送など、その他の応募方法はございませんので、ご了承下さい。


Q:チーム予選は、何人のチームから参加可能ですか

   A:→2名から4名まで参加可能です。


Q:異なる学校の生徒同士のチームを作ることは可能ですか

   A:→できません。同一校のみでお願いいたします。


Q:同じ学校から、個人・団体(チーム)で複数応募したい場合は、どのようにエントリーしたらよろしいですか?

   A:大変お手数ですが、複数回に分けて別々にエントリーして頂けると幸いです。


Q:本エントリー後、発表テーマを変えることは可能ですか

   A:→全く異なるテーマなどの大幅な変更を除き可能です。


Q:発表中に、資料を見ながらプレゼンテーションすることは可能ですか

   A:→できます。ただしご自身のPC等の投影はできません。


Q:プレゼンテーションに用いるデータ等を作成するときに、扱う資料の出典を記す必要がありますか

   A:→出典は必ず記すようにしてください。表示方法は自由です。


Q:応募の際は著作権など他人の権利を侵害しないよう十分注意してください

   A:→万一問題が生じた場合は応募者の責任になります。


Q:グループの部で、発表時にメンバーの発話量に偏りがあってもよいのでしょうか

   A:→構いません。


Q:プレゼンテーションの制限時間の経過具合は、どのように知ることが出来ますか

   A:→本選の場合、5分でベル1回、7分でベル2回、8分で失格となります。


Q:大会に応募・参加するための費用はどれくらいですか

   A:→参加は無料です。会場までの交通費・宿泊費等は自己負担になります。


Q:大会当日の昼食はどのようにすればよいですか

   A:→周辺施設をご利用するか、ご持参ください。


Q:参加者以外が予選・本選を当日観覧することはできますか

   A:→近畿ブロックの予選(現地選考)は可能ですが、それ以外のブロックの予選については動画(オンライン)で実施しますので、参加者以外の方が閲覧することはできません。なお、本選(決勝大会)については一般の方もご鑑賞可能です。