Change Maker Awards -高校生のための英語プレゼンコンテスト2019-

PRESENTED BY 一般社団法人 英検4技能・探求学習推進協会 English four Skills and Inquiry-bassed learning association

ENTRYエントリー


第4回CMA本エントリーの受付を終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました!

第4回Change Maker Awards開催概要

開催概要をダウンロードいただけます。

第4回Change Maker Awards開催概要(PDF版)

第3回CMA_受賞者エッセイ作品集(PDF版)

第4回 Change Maker Awards 開催スケジュール

  • 2021年07月 プレエントリー受付開始
  • 2021年11月30日(火) プレエントリー締切
  • 2021年12月01日(水) 本エントリー受付開始
  • 2021年12月21日(火) 本エントリー締切(23時59分まで)
  • 2021年12月27日(月) 書類審査結果発表(17時までに発表予定)
  • 2022年01月19日(水) 動画審査用の動画提出締切(23時59分まで)
  • 2022年01月24日(月) 動画審査結果発表
  • 2022年02月23日(水) 本選用プレゼン資料(PPT)提出締切
  • 2022年02月27日(日) 本選開催(オンライン開催)

※2021年12月13日
本エントリー締切日を12月14日から12月21日へ延期しました。また、書類審査結果発表日を12月21日から12月27日へ、動画審査用の動画提出締切日を1月14日から1月19日へ変更しました。

※2021年11月19日
第4回CMAは、動画審査をオンラインで開催し、本選を会場で開催する「ハイブリッド開催」を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、本選もオンライン開催することになりました。

※新型コロナウィルス感染症の状況により、スケジュールなど変更する場合がありますので予めご了承ください。

Q&A(よくあるご質問とその答え)


Q:参加資格について教えてください

   A:→学校教育法第1条に定める日本の中学校と高校、あるいはそれに同等とされる学校あるいは機関に通年で在籍し通学している生徒が対象です。


Q:エントリーが完了したかどうかどうやって知ることができますか?

   A:→エントリーが完了すると自動返信メールが届きますので、このメールをもって完了したことがわかります。


Q:プレエントリーの後の流れはどうなりますか?

   A:→プレエントリーが終わったら、次は本エントリーしていただきます。本エントリーでは、書類審査用のエッセイを提出していただきます。12月までに本エントリーに関する情報をメール、あるいはWebサイトにてお知らせいたしますのでお待ちください。


Q:顧問や担当の教員は必要ですか?

   A:→はい、学校様への参加意思の確認のため必要です。生徒様本人からの応募の場合は、応募後にご自身でどなたか教員の方に担当を依頼して承諾してもらうようにお願いしております。(生徒の方には「正式プレエントリー」にて、担当の先生情報を登録いただきます)


Q:留学生はエントリーできますか?

   A:→留学生の方はまず、在学証明書をご提出ください。在学証明書がPDFファイルの場合は、メールに添付してお送りください。紙の場合は、スマホで撮影してメールに添付してお送りください(文字が読めるように高画質モードで撮影してください)。
※ご参考:エントリーできるのは「学校教育法第1条に定める日本の中学校と高校、あるいはそれに同等とされる学校あるいは機関に通年で在籍し通学している生徒」とさせていただいております。



Q:チーム予選は、何人のチームから参加可能ですか?

   A:→2名から4名まで参加可能です。


Q:異なる学校の生徒同士のチームを作ることは可能ですか?

   A:→できません。同一校のみでお願いいたします。


Q:同じ学校から、個人部門・チーム部門で複数応募したい場合は、どのようにエントリーしたらよいですか?

   A:先生用の個人部門・チーム部門のプレエントリーフォームでは、それぞれで複数の生徒を一度にエントリーできるようになっております。個人部門では、一度に5名まで出場生徒を登録できます。チーム部門では、一度に5チームまで登録できます。お手数ですが、それ以上の出場生徒またはチームを登録される場合は、各フォームに再度アクセスしてご記入ください。


Q:本エントリー後、発表テーマを変えることは可能ですか?

   A:→全く異なるテーマなどの大幅な変更を除き可能です。


Q:発表中に、資料を見ながらプレゼンテーションすることは可能ですか?

   A:→できます。ただしご自身のPC等の投影はできません。


Q:プレゼンテーションに用いるデータ等を作成するときに、扱う資料の出典を記す必要がありますか?

   A:→出典は必ず記すようにしてください。表示方法は自由です。


Q:応募の際、提出物や発表内容から著作権などの権利侵害が発生した場合、どうなりますか?

   A:→提出物及び発表物から他社の権利侵害が発生した場合、一切が応募者の責任になります。ご注意ください。


Q:チーム部門で、発表時にメンバーの発話量に偏りがあってもよいのでしょうか?

   A:→構いません。


Q:本選でプレゼンテーションの制限時間の経過具合は、どのように知ることが出来ますか?

   A:→本選の場合、5分でベル1回、7分でベル2回、8分で失格となります。


Q:大会に応募・参加するための費用はどれくらいですか?

   A:→参加は無料です。


Q:参加者以外が予選・本選を当日観覧することはできますか?

   A:→動画予選を観覧することはできません。審査員と本コンテスト運営委員会のみで審査を行います。本選はYouTube Liveを配信する予定です。視聴方法などは、今冬に公開いたします


Q:本エントリー時のエッセーは、日英どちらの言語で作成しますか?

   A:→エッセーは日本語で作成してください